狭心症

狭心症

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

心臓の表面には、心臓自体に酸素を供給している冠動脈という血管が走っています。 動脈硬化などにより冠動脈の血流が十分でなくなると心臓が酸素不足となり、痛みや圧迫感、絞扼感(しめつけられる感じ)などの胸部症状が現れます。これが狭心症です。
最初のうちは心臓がたくさんの酸素を必要とする運動時だけに症状が出ることが多く(労作性狭心症)、多くは休むと治まるのですが、進行すると安静時にも現れるようになります。
また狭心症の中には、冠動脈に動脈硬化が無くても冠動脈自体がけいれん・収縮して血流が悪くなり、狭心症のような症状が出る場合があります(冠攣縮性狭心症)。この場合、発作は運動時・安静時に関係なく起こり、朝方に多く見られます。
また動脈硬化で冠動脈の内腔が狭くなったところに、血栓(血のかたまり)が詰まって血管を塞いでしまうと、酸素の供給が途絶えて心筋は壊死してしまいます。これが心筋梗塞です。
このように、心筋細胞への血液供給が不足したり、途絶えてしまうこれらの病態をまとめて「虚血性心疾患」と言います。一刻も早い診断と適切な治療が必要な病態です。

狭心症とは

狭心症は、心臓の冠動脈(心臓の上に冠のように乗っており、心筋に酸素と栄養を供給している動脈)の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥る疾患です。主に動脈硬化のために冠動脈の血管が狭くなり、心臓への血液の流れが一時的に滞るために発症します。
狭心症を放置すると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、命にもかかわる危険な状態になったりします。
そのため狭心症の段階で、しっかりと治療しておくことが肝心です。

狭心症の症状

狭心症の症状は、普通は「労作性狭心症」と言って労作時(体を動かした時)、つまり急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったりした時などに起こり、胸の中央部辺りが締めつけられる、あるいは何かを押しつけられているような圧迫感を覚えます。少し休むと治まってしまうのが特徴です。
痛みはしばしば左肩・腕や顎(あご)まで広がり、みずおちに胃の痛みのようなものが感じられたり、息切れとして自覚されたりすることもあります。症状の持続時間は、数十秒から数分程度です。
一方、「安静時狭心症」と言って、同じような症状が労作と関係無く出ることがあります。
これは「冠攣縮(かんれんしゅく)」、つまり冠動脈が痙攣したように収縮してしまい、動脈硬化で細くなったときと同様の狭窄が一時的に作り出されるために起きる現象です。

検査

狭心症の主な検査には、心電図、運動負荷試験(トレッドミル・エルゴメータなど)、RI(ラジオアイソトープ)負荷検査、ホルター心電図、冠動脈造影などといった方法があります。

治療

狭心症の治療法についてですが、狭心症の元々の原因は多くの場合、動脈硬化です。
いったん起こった動脈硬化を元通りにすることは、現時点では不可能です。心臓カテーテルによるステント治療や冠動脈バイパス手術などの手術を受けなければなりません。
したがって動脈硬化がそれ以上進まないように努力する、ということが治療の大前提になります。
そのためには高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などを治療し、また禁煙、適正体重の維持、適度な運動などを心がけることによって、危険因子を可能な限り減らすことが重要です。
それらを踏まえた上で、薬物療法をはじめとする治療が行われます。